まんがの。

少女漫画家になりたかった筆者による、お薦めできる漫画のレビューブログ

さよならソルシエ(全2巻) 穂積先生

こんにちは、ayumpです。

お久しぶりです、ayumpです。
「あゆんぷ」と読みます。
以後お見知り置きをお願いいたしまする。

という自己紹介してましたっけ?(笑)
そんなことは気にせずに、漫画の紹介です!


誰もが知ってる有名画家の半生を漫画に

↑こんなタイトルでは惹かれませんよねー。
なんて言えばいいんでしょ。
確かに少女漫画ですが恋愛要素皆無ですからね。
…少女漫画なのかな?まぁいっか。
しかも主人公は"有名画家の弟、テオドルス"。
有名画家とは、ゴッホです。
フィンセント・ファン・ゴッホ
ひまわりで有名ですね。
そんな題材で漫画を描いてしまおうと思った穂積先生に脱帽です。

f:id:ayump:20170130041743j:image

 

絶大なる圧倒感

どこまでが真実なのかわからない。
それくらい精巧に作り込まれたストーリーになっています。
ノンフィクションをフィクションへ。
世に知られている事実をベースに、
新たな「可能性」を指摘するかのようなお話です。
この奇想天外な発想力にはただただ驚かされました。
歴史を変えてしまうかもしれないんです!
言いすぎかな?(笑)
けれども深く切り込まれた珍しい作品だと思います。

 

さよならソルシエの魅力&not魅力

○完成された世界観

みんなの知ってる有名画家の生きていた時代。
文化、歴史。
本当かもしれない出来事。
しっかりと取材されていることが伝わってくる、
リアリティのある作品です。
画商のセリフにも重みがあって、
綺麗なものだけでなく、黒い部分も描きあらわしているのがまたいいですね。
漫画というより、一種の小説のようです。
異世界に入り込みたい方には是非オススメしたい作品です!

 

×絵は個性的

一本のラインで主線が描かれてるわけではないので
読みにくいと思われる方は少なくないと思います。
世界観としては逆に合っているのですが、
どうしても苦手だと入り込めないかもです。
うまい!とは言い難いですが、バランスが悪いわけではないので「個性的」だと思います。
個人的には味があって好きな絵です!


△少女漫画ではない

良くも悪くも、そこが魅力。
こんなに人物を生き生きと、
本当にキャラクターの意志で動いているような
漫画っぽくない漫画です。
恋愛要素がなくても、少女漫画って
若干「言わされてる感」があると思うんです。
(それが醍醐味だと思ってます)
いくつか穂積先生の作品を読んでますが、キャラ作りがとても上手だと思います。
少女漫画という枠に囚われない才能です。

 

ドラマにはしないで欲しい

ドラマにしやすい背景やキャラクターです、が、しかし。
昨今漫画をドラマにするのが流行っているようですが
お願いだから、このままでお願いします。。
なんだろうな、
この世界観を表現できる監督さんだといいんですが。
それぐらい、壮大で素敵なんです。
できれば日本で撮影はして欲しくないかな。
やるならリアリティを追求して欲しい!!

→調べてみたら舞台をやってたぞ

再演までしてるということは
普通に人気だったのかなと思います。
ちょっとそのへんは観てないのでわかりません、ごめんなさい。
確かに舞台映えする作品かもしれません。
f:id:ayump:20170601222205j:image
※肖像権は株式会社マーベラスにあります

 

まとめ。

ザ・少女漫画!とはかけ離れていますが、
読んでおくべき名作とも言えると思います。
穂積先生の作品は構成力がピカイチなので
これから漫画家を目指す方々も参考になると思います。
ハラハラドキドキを楽しみたい方へオススメの作品。
このマンガがすごい!2014オンナ編1位の実績も伊達ではありません。

 

 

 

 

ayumpでした!

黎明のアルカナ(全13巻) 藤間麗先生

こたつ大好きayumpです。
こたつにみかんが至高。
異論は認めません!!
…あ、でもアイスもいいよね。(もう認めてる)

冬は引きこもって漫画に限ります!(笑)

 

完全ファンタジーの才能

ayump的持論ですが、
ファンタジーって才能がないと描けないと思います。
何故なら、世界観から創り上げなくてはならないからです。
こんな世界があって、こんな生活をしてて、、
というような、文化をも組み立てなくてはなりません。
ayumpには無理でした(笑)
その点少年漫画は基本ファンタジーだからすごいと思います。
ワンピースとかナルトとかね。
服装も独特になるので、すごいなぁと思います。

 

元からファンタジー専門ではなかった

そんな才能発揮の藤間先生ですが、
初期の頃はフツーに現代が舞台のストーリーでした。
高校生とか幼なじみとか。
ayumpの印象としては突然ファンタジーにシフトした感じなんですけど、
もしかしたらはじめからファンタジーを描きたかったのかもしれません。
このへんは柱をもう少し読み込まなきゃですね!

f:id:ayump:20170208124219j:image

 

黎明のアルカナの魅力&not魅力

○設定がわかりやすい

 ファンタジーは凝れば凝るほど
ストーリーが広がるんですが、
わかりにくくなったり解説セリフが増えたりするので
入り込めなくなったりします。
ですがこの作品は

  • 黒髪は王族の生まれ
  • 亜人が存在し、差別対象となっている
  • 主人公は王族だが「赤髪」なので蔑まれている
  • 「アルカナ」という超能力が存在する

というとてもシンプルな設定でした。
なのでファンタジーとして抵抗がある方もすんなり理解しやすいです。
きちんと伏線も回収してラストを迎えますし
簡単なようで作り込まれている点も魅力です。

 

○絵、とくに瞳がきれい

人物画の最も重要な部分である「瞳」
むちゃくちゃ印象的に書くのが藤間先生です。
全体的に少女漫画らしい
細い主線で読みやすいのですが、
これほどまでにうっとりするような絵は素敵だと思います。
まぁ、瞳はストーリーに大いに関係あるキーワードなので、
そういう意味でも色んな想いを込めて描いてくれたのかもしれません。

f:id:ayump:20170209221427j:image
人物だけでなく、背景や服装も描き込まれているので
読みにくさはほとんどないと思います。

 

×動きが固い

線は細い。絵もキレイ。
でもしなやかじゃないのが惜しい!!
アクションも多少入ってるお話なのですが、
立ち振る舞いがぎこちないです。
そこだけじゃなくて普段の動作も固いんですよね。
ただ、1枚絵はとっても素敵です!
バランスがたまに不安定なので、動きに違和感が生じています。
それで完成してるっていうのもわかりますが、もう少し改善の余地があると思います。

 

衝撃のラスト…!

ネタバレになるので言えません!
でも!いや予想ついてた方もたくさんいるようなんですが!
そうなるとは…!!
ってayumpはなりました(笑)
一言言えるのは、ayumpはハッピーエンドのストーリーが好きです!!!
あとは読んでみて、感想を聞かせてください。。

 

まとめ。

ファンタジー初心者でも読みやすい少女漫画です。
絵柄も可愛らしく、背景も衣装も凝っているので
異世界に入り込めます。
コスプレや舞台などもしやすい漫画だと思います!
たまにあるラブがニヤニヤしちゃいます(笑)
最近の漫画の中ではかなり純粋なお話なので
物足りない方もいると思いますが
ayumpはそこも評価します!
初々しい彼らの世界を楽しんでください。

 

 

ayumpでした!

LOVE SO LIFE(全17巻) こうち楓先生

こんにちは、ayumpです。
今までのオススメを眺めてまして、
気付いたことがありました。
集英社の漫画しかオススメしてない!!

確かに集英社贔屓なのは初回に宣言しておりますが。
それでも、公平さがないのはねぇ。
偏った嗜好の人のオススメはあんまり参考にならないと考えておりますので。

ということで、
出版社を変えてご紹介しましょー!

 

ある意味子育て指南書

ひょんなことからベビーシッターをすることになった中村詩春(高校生)と
売れっ子アナウンサーの松永政二(25歳)の
子育てラブストーリーです。
いや、正直なところ、
ラブは半ばにならないと発生しないし、
かなり後半でしか発展しません。
そこもキュンキュンするんですが、
何よりオススメしたいのは「上手なこどもの育て方」なんです。
茜ちゃんと葵くんの双子を育てていくんですが、
褒め方や叱り方、気の紛らわせ方など
ためになる子育て方法がたくさんあります。

子育てに迷ったママに結構オススメです。
そうでなくても双子にとっても癒されます!

f:id:ayump:20170205123744j:image

 

初連載&初コミックスで17巻連載

初連載が初コミックスという、
漫画家にとっては一大事を同時にやってのけたこうち先生です。
もちろん読み切りも描かれてますので、
デビュー作がいきなり〜とかではありません。
しかし、

読み切り用で描いた作品→人気になる→短期連載→本連載

は誰もが目指す順調な漫画家プランです。
その波に乗れたんですから、すごいですよね。
そして初連載で17巻まで続くのは
少女漫画では珍しい方です。

余談ですが、実は花とゆめは比較的その傾向が強く、
そのため連載のハードルが高いとのこと。
実力をつけるには良い雑誌ですが、
簡単に目指したいという人には向かないかもしれません(笑)

f:id:ayump:20170205181133j:image

 

 LOVE SO LIFEの魅力&not魅力

○ゴールに向かってブレないストーリー展開

つまりは「双子が成長する」というお話で、
わかりやすいベースがあるので、
安心して読めるところが魅力です。
そしてゴールがわかっているのに
飽きさせない組み立て方もすごく好きです。
また、白泉社ないし花とゆめ系でよくある
基本"一話関係"のストーリーが多いので、
わかりやすくまとまっています。
ハラハラ!どうなるの!?
のようなストーリー展開の漫画ではありませんが、
ほのぼのほんわかするお話なので、
イヤな気持ちになることはまずないと思います。
悪役が居ないっていうのは、結構ポイント高いですよ。

 

○とにかく癒される

とにかく可愛い。
作中、詩春ちゃんは双子に癒されてますが、
読者も同じようにかなり癒されます。
春ちゃんのバックボーンとか
ベビーシッターをするに至った理由とか
実は結構重い話だったりするのですが、
それをカバーできるくらい優しさに溢れた作品です。
とことん詩春ちゃんが良い子!!

 

×ラブを疎かにしすぎ!

ポテンシャルはあるのに!もったいない!
双子メインにしてしまい、
もう少し恋愛に踏み込めたのに
描かなかった部分があるように思います。
確かに双子も可愛いんだけど、
読者はラブも発展して欲しいんだよ!!
というもどかしさ、わかるでしょうか(笑)
元々そんな距離感の詩春と松永さんなんですけどね。
でもなぁ、一読者としては、
そのへんちょっと物足りないのです。

 

×作画に手を抜きすぎ?

全編を通して背景が少なめなのと、
後半の方は人物も結構簡易的なコマが増えました。
時間がなかったのか、手の抜き方を覚えたのか、
そのへんは判別できませんが、
全体的に白っぽい原稿は残念です。
絵柄は可愛らしいので、
初期の頃の書き込み量で頑張って欲しいものです!
でも無理して腱鞘炎になるくらいなら、
抜けるところは抜く方式の方が嬉しいですね。
読めなくなることが一番悲しいですからね。

 

続編「LIFE SO HAPPY」連載中

続編が出ました。
それだけ人気だったということで、拍手喝采です。
こちらは茜ちゃんと葵くん、双子の数年後のお話です。
やっぱりラブは少なめ。
まぁ双子は小学生ですからね〜。
ただ人気作品の続きは最近の流行りなので
埋もれてしまわないように頑張って欲しいところです。
前作と同じように、こちらもとっても癒されます!!

 

LIFE SO HAPPY 1 (花とゆめCOMICS)

LIFE SO HAPPY 1 (花とゆめCOMICS)

 

まとめ。

可愛いものに癒されたい方
子育てにちょっとお悩みの方
キャラクターの成長する姿を見たい方
そんな感じのゆるーく漫画を読みたい方々にオススメです!
ラブが少なめで「これだけ!?」となりかねないので、
ベタベタな恋愛ものが好きな方は
期待しない方がいいかもしれません(笑)
でも松永さんは結構イケメンなので、そのあたりはご心配なく!

 

LOVE SO LIFE コミック 全17巻完結セット (花とゆめCOMICS)
 

 

 

ayumpでした!

 

 

宇宙を駆けるよだか(全3巻) 川端志季先生

鬼は外!福は内!こんにちは。ayumpです。
恵方巻き食べましたか?
ayumpはアンチ恵方巻きなので、
未だ食べたことはありません(笑)

豆まきはするから、いーよね!
恵方巻きは流行らそうとする企業の戦略なんだもん。
バレンタインには踊らされてるんですが(笑)

では、節分には関係ない漫画のご紹介です!(笑)

 

なんて漫画家が現れたかと思った

いやコレ本当にびっくりしました。
なんて型破りな、と。
女の子同士の身体が入れ替わる、一種ありきたりなストーリーです。
・・・な の で す が ! !
悪意と私欲と利己的さがここまで表に出た少女漫画があったでしょうか。
控えめに言って名作です。ほんとに。

というのも、入れ替わってしまう女の子が
不細工な子と美少女なんです。
元美少女の主人公、小日向あゆみ。
元不細工のキーパーソン、海根然子。
二人を中心に、二人のボーイフレンドを巻き込んだファンタジックでサスペンスなストーリーです。

 

コンプレックスを敢えて全面に

「可愛い子が得をする」
「不細工な子が割を食う」
夢を見せるはずの少女漫画では触れてはいけない部分にズカズカ踏み込むような、
挑戦的で若い作品だと思います。
ベテランでは描けない命題だとも思います。
だからこそ色濃く印象に残るし、
後にも先にもここまでの衝撃はないんじゃないかな、という作品です。
f:id:ayump:20170202225401j:image

 

宇宙を駆けるよだかの魅力&not魅力

○ある意味王道で邪道

「可愛い女の子が主人公」という
ガッツリ王道で少女漫画の基本中の基本。
なのに、ページに映るのは
お世辞にも可愛いとは言えない、入れ替わり後の姿。
結局海根さんは表紙を飾ることはなかったですしね。
でもあゆみの心はすごくキレイで
"こんな外見だから!"と卑下することはありませんでした。
さすが主人公ですよね。
難しいテーマに正面から挑んだ、
邪道で王道の漫画です。

 

×なんで全3巻?

こんなにおもしろくて
こんなに可能性を秘めてる作品なのに
なんで続けられなかったのか。
人気がなかったわけじゃないと思うんです。
延ばし方を知らなかったんだと思います。
もったいないなぁと素直に思いますが、
だからこそのスピード感も生まれました。
思いがけずオススメしやすい冊数ですし(笑)
物足りない感は確かに否めませんが、
グダグダするよりよっぽど良いです。

 

△絵の未熟さは今後に期待

可愛らしい繊細な絵だと思いますが、
描きわけという意味ではできていません。
崩し絵になると少しバランスが崩れるのも
まだまだ修正すべき点だと思います。
でも読みにくいわけではないので、
これからの漫画家さんということで大いに期待したいところです。

 

本当は「青に光芒」もオススメしたかった

じゃあそっちをオススメしたら良いって言われそう(笑)
川端先生の初コミックスの「青に光芒」なんですが、
これが初コミックスかー!!?
というまたまた衝撃を受ける作品でした。
心の機微を描くのが本当に上手です。
ただの少女漫画ではありません。

 

青に光芒 (マーガレットコミックス)

青に光芒 (マーガレットコミックス)

 

 

まとめ。

才能の塊のような漫画家さんが現れました。
…持ち上げすぎかもしれません(笑)
でも、それだけ期待したくなるような、
おもしろい物語の組み立て方ができる先生だと思います!
こんなにサスペンス的なファンタジーなのに
ちゃんと少女漫画的キュンポイントもありますよ!
ご心配なく(笑)

普段1巻完結では少し物足りないな〜って方には
全3巻で程よい長さのこちらの作品をオススメします!
ぜひ若い才能に触れてみてください。

 

 

 

ayumpでした!

ストロボ・エッジ(全10巻) 咲坂伊緒先生

みなさまお元気ですか?
お久しぶりayumpです。
意外と閲覧数が伸びてるのでビックリ。(笑) 

ということで、
今回から再びどんどん紹介していきます!
 

本物の王道少女漫画がキタ!

イケメンふたりと、主人公・木下仁菜子によって繰り広げられる、
王道ラブストーリーです。
仁菜子はとにかくフツーの女の子ですので、
共感できるところがたくさんあります!
とりあえず読むとキュンキュンします。
イケメンが学校にふたりもいるなんて。。
 
学校一イケメンの一ノ瀬蓮と、
チャラ男イケメンの安堂拓海。
黒髪と茶髪。
さて、どちらがお好みですか?
f:id:ayump:20160423192508j:image
 

ベテランの咲坂先生

実は、ストロボ・エッジまで
突出して「売れた」漫画を描いていませんでした。
正直言うとですよ。
魅力的なお話はたくさん描かれてたと思いますが、
コレ!という長期連載はありませんでした。
おそらく、ちょっとクセのある絵だったからではないかと思います。
ストロボ・エッジに近づくにつれて、
線が細くなり、見やすい絵になった気がします。
独断と偏見です(笑)

1999年に「サクラ、チル」でデビュー
ストロボ・エッジの連載は2007年
しかも、初めは短期連載でのスタートでした。
実績があるわけではないので、
チャレンジ枠からのスタートのはず。
そこで見事勝ち組になれた咲坂先生。
だって当時本誌で読んだとき、おもしろいと思いましたもん!
こんなうまい新人さんいたっけ?って勘違いしたのはまた別のお話(笑)

 

ストロボ・エッジの魅力&not魅力

○ヒーローの色気が半端ない
特筆すべきポイントはここでしょう!
咲坂先生の素晴らしい点でもあります。
男の子をイケメンかつ色気あるように描けるのは
もう才能ですから。
うらやましい、、(笑)
イケメンの照れた顔とかキュンキュンします!
眼差しがカッコいいんですよ。
本当こんな人が居たらどんなにいいか。
ど ん な に い い か 。
しかもタイプの違うイケメンが出てくるわけで。
こんなこと言われたーい
こんなことされたーい
といった少女漫画の醍醐味がここに詰まってます!!
 
△空気感が独創的

風の吹いてる感じとか
チャレンジのある構図とか
独特なトーンの使い方とか
独学らしい長所が満載で、素敵だと思います。
(おそらく独学だったはず…)
ayumpは好きなんですけど、
肌に合わないって方もいると思います。
髪の描き方とか吹き出しの描き方とか
まだクセが強いと思いますし
(そこが魅力なんですけど)
万人受けする作画ではないかな、と冷静に判断します。

×女の子の外見的魅力不足

わかるんです!普通のコにしたと言うのは!
なんですけど、もう少し魅力的に…
いや仁菜子ちゃんも十分魅力的なんですけど、
華はとくにないです。(笑)
だからイケメン2人が映えるってことなのかなぁ。
ご都合主義感は否めないです。

それをもぶっ飛ぶくらいキュンキュンするんですけどね!

 

映画化について

これにはビックリしました。
なんでって、次の作品「アオハライド」を連載中に公開しましたから。
しかもアオハライドとのW映画化。
続けて映画化も珍しいことながら、
アオハライドストロボ・エッジの順で公開もなかなかない意外性でした。
f:id:ayump:20170129232059j:image

それほど人気のあった漫画だったんだなぁと思います。
あとは大人の事情でしょう(笑)
主演も誰かわからないようなモデルさん(失礼)とかではないので
本気の映画だったことが伺えますね。

 

ストロボ・エッジ DVD 豪華版

ストロボ・エッジ DVD 豪華版

 

 

まとめ。

とりあえず、イケメンに会えるよって感じです(笑)
普通の学校生活の話なので
誰しもが青春を思い出せる作品だと思います。
最近キュンキュンしてないなぁ、という方には
真っ先にオススメの作品です!

さて、どっちとカップルになるべきなのか、討論会でもしますか?(笑)

 

 



 

 

ayumpでした!

あるいとう(全11巻) ななじ眺先生

こんばんは、ayumpです。
大きな震災がまた発生してしまいました。
一刻も早く元の生活に戻れるよう、お祈り申し上げます。

さて、それでは今回も紹介いってみましょ!


神戸の街を『あるいとう』

あるいとう、これは神戸を舞台にしたお話です。
つまり、阪神淡路大震災の出来事を避けては通れないということ。
でも震災漫画ではありません。
あくまで過去にそういう経験があって、
けれども元気に生きているよって話です。

あるいとう、とは、
神戸弁になるそうです。
歩いていく、とか、歩いている、とか、
前に進んでいることを意味するようです。
主人公・玉田くこが、
色々壁にぶつかりながらも成長していくお話です。

f:id:ayump:20160419000933j:image

実体験に基づいたストーリー

ななじ先生は神戸ではないものの、
近くに住んでいて、紛れもない被災者でした。
そのときの感情や思いが、
くこの性格に色濃く出ています。
そのため、リアリティがあり、説得力のある言葉が盛り込まれています。

阪神淡路大震災を知らない世代が増えていく中、
ななじ先生の伝えたかった思いを
少しでも多くの人が汲み取ってもらえたらと思います。

そんなに人気は出なかった・・?

王道の少女漫画から外れた『あるいとう』は、
実はそこまで人気は出ていません。
けれどもメッセージはたくさん詰められており、
心に残る作品だと思います。

震災という重いテーマを避けて通れなかった、
というだけで、
きちんと少女漫画としてのキュンポイントはありますし、
イケメンもたくさん出ます!!
でも、読み進めるにはツライ、という人も多かったのではないかと推測します。

あるいとうの魅力&not魅力

○書き込みの多さによる臨場感
もう、これでもか!というリアリティ。
実際の場所、実際の時代を忠実に再現し、
細部にこだわる背景は拍手喝采ものです。
本当にすごいです。
このクオリティをよく続けられたと感動します(笑)
ふわっとした白い背景の少女漫画はどこへいった!?
というくらい、
まるで現実世界にくこが居るかのように錯覚さえします。
とても見応えのある作画です。素晴らしい。

f:id:ayump:20160423122638j:image
↑神戸に行きました(笑)

×とにかく暗い
もうみんな考えすぎ!というくらい、
とても暗い部分がたくさんあります。
思春期ってそうだったよねー、多感なお年頃だもんねー、
とは思うんですけど、
まぁもう少し明るくても良いんじゃないですかね?(笑)
でもそのぐちゃぐちゃ考えるのが人間らしくて可愛いんですよね。わかります。

伝えたかったこと。まとめ。

震災は忘れた頃にやってきます。
でも必ず復興できます。
忘れることはできないけれど、少しずつ癒えることはできます。
みんな色々悩みがあるんです。
でも、色んな人に支えて貰って生きてるということを、
あらためて教えてくれる作品でした。


ayumpでした!

ラブ☆コン(全17巻) 中原アヤ先生

まずはここから始めようかな。
こんにちは、ayumpです。
早速表題の件からいってみましょ!

ラブ☆コンって神漫画だと思う

はい、言い過ぎました。
しかしわたしは、ラブ☆コンがキッカケで「りぼん」から「別冊マーガレット」に乗り換えました。
(年齢的なものもあったけどね)
それくらい、惹き込まれる作品でした。

何がすごいのかと言うと、
方言モノで長期連載をできたという点。
舞台は大阪で、主人公・小泉リサを含め、
登場人物は全員コテコテの関西弁を話します。
やっぱり標準語の漫画が多い中、
差別化ははかれるものの、浸透はしないことが多いと思うのです。
キャラクターが生き生きしていて、
そこも読んでて楽しいと思える要因です。

そもそもラブ☆コンって?

ラブリーコンプレックス、略して『ラブ☆コン』。
略したものが正式名称です。
中原先生的には「何でも略する時代だから」だそうです。

主人公・小泉リサは身長172cmの長身少女。
対してヒーロー・大谷敦士は156.2cm。
凸凹コンビとして話がスタートする王道ラブコメ漫画です。
王道コメディです。
大事なことなので2度言いました。
つまりはラブも少しあるコメディです。

大阪という舞台を生かして、
関西弁でのおもしろい掛け合いが魅力です。

f:id:ayump:20160412205634j:image

ラブ☆コンの魅力&not魅力

○何と言っても大谷がカッコイイ
ヒーローはカッコイイもの!わかります。
じゃないと少女漫画なんて読みません!!!

でも大谷は背が高くありません。
いわゆるチビです。
ヒロインの方が背が高いので、
見た目的にカッコよくなりません。
イケメン設定てもありません。

が、しかし!
やっぱり少女漫画、普段はアホキャラのくせに、
キメるところはキメる男です。
シャイボーイのくせに、
たまに頑張ってくれたりします。
いいよね、そういうの!

○オシャレって素敵
中原アヤ先生の描く作品の登場人物は
ほぼみんなオシャレで洋服に凝っています。
やっぱり細部まで描き込まれた方が
画面が白っぽくならないし、
メリハリがつくのでおもしろいです。

でもそうやって描くの大変なんだよー。
さすがだよ、中原先生。

×画面構成は単調気味
奇抜なコマ割りが良いと言ってるわけではありません。
むしろ読みやすい方が良いと思います。
でも、長年描かれている先生に多いのですが、
どうしても守りのコマ割りをしてしまうと言いますか、
ワンパターンな画面構成になりがちです。

でも一コマ一コマは充実してますし、
キャラクターも精一杯動いてくれてるので、
単調さはほとんど気にならない!はず!!

×ラスト手前の詰め込み感
もうね、ラストの方の無理やり感がもったいなかったです!
途中まで、というか、ほぼ最後まで、
思ったよりも失速せずに連載されてました。
やっぱり主人公の恋が実ったら失速しがちですからね。
そこは全くなかったですよね。
本当にすごいと思いました。
周りのキャラクターに話をふってもブレず、
そのまま完走出来るだろうと思ってました。

なんであーなってしまったんだろう。
大人の事情なのかな(笑)

でも全般的に、とてもおもしろいです!
連載終了後の短編や番外編もさすがの出来です。
だから、惜しかったなぁと思います。

ラブ★コンTWO (マーガレットコミックス)

ラブ★コンTWO (マーガレットコミックス)


実写映画とアニメ化

まだ漫画を実写化することが定番ではなかった頃でした。
でも『のだめカンタービレ』や『花より男子』がブレイクしたので、
それに続けという風潮がありました。

ラブ☆コン』も煽られた漫画のひとつだと思います。

正直、流行ったという印象はありません。
もう数年あとに放映していたら、
また違ったのかもしれないと思います。

けれど漫画家にとって、
アニメ化や実写化のお話は、それだけ評価されているということなので、
とても喜ばしい出来事だと思います。
そういった面では、とっても良かったと思います。

まとめ。

関西弁でテンポよくコミカルで、
ノリが良くておもしろいラブコメが読みたくなったら、ぜひ!の作品。
重いストーリーは全然ないので、
気楽に読めるところもオススメポイントです!

大谷のヘタレイケメンに、癒されてください。

ラブ・コン全17巻 完結セット (マーガレットコミックス)

ラブ・コン全17巻 完結セット (マーガレットコミックス)



ayumpでした!