読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがの。

少女漫画家になりたかった筆者による、お薦めできる漫画のレビューブログ

ラブ☆コン(全17巻) 中原アヤ先生

まずはここから始めようかな。
こんにちは、ayumpです。
早速表題の件からいってみましょ!

ラブ☆コンって神漫画だと思う

はい、言い過ぎました。
しかしわたしは、ラブ☆コンがキッカケで「りぼん」から「別冊マーガレット」に乗り換えました。
(年齢的なものもあったけどね)
それくらい、惹き込まれる作品でした。

何がすごいのかと言うと、
方言モノで長期連載をできたという点。
舞台は大阪で、主人公・小泉リサを含め、
登場人物は全員コテコテの関西弁を話します。
やっぱり標準語の漫画が多い中、
差別化ははかれるものの、浸透はしないことが多いと思うのです。
キャラクターが生き生きしていて、
そこも読んでて楽しいと思える要因です。

そもそもラブ☆コンって?

ラブリーコンプレックス、略して『ラブ☆コン』。
略したものが正式名称です。
中原先生的には「何でも略する時代だから」だそうです。

主人公・小泉リサは身長172cmの長身少女。
対してヒーロー・大谷敦士は156.2cm。
凸凹コンビとして話がスタートする王道ラブコメ漫画です。
王道コメディです。
大事なことなので2度言いました。
つまりはラブも少しあるコメディです。

大阪という舞台を生かして、
関西弁でのおもしろい掛け合いが魅力です。

f:id:ayump:20160412205634j:image

ラブ☆コンの魅力&not魅力

○何と言っても大谷がカッコイイ
ヒーローはカッコイイもの!わかります。
じゃないと少女漫画なんて読みません!!!

でも大谷は背が高くありません。
いわゆるチビです。
ヒロインの方が背が高いので、
見た目的にカッコよくなりません。
イケメン設定てもありません。

が、しかし!
やっぱり少女漫画、普段はアホキャラのくせに、
キメるところはキメる男です。
シャイボーイのくせに、
たまに頑張ってくれたりします。
いいよね、そういうの!

○オシャレって素敵
中原アヤ先生の描く作品の登場人物は
ほぼみんなオシャレで洋服に凝っています。
やっぱり細部まで描き込まれた方が
画面が白っぽくならないし、
メリハリがつくのでおもしろいです。

でもそうやって描くの大変なんだよー。
さすがだよ、中原先生。

×画面構成は単調気味
奇抜なコマ割りが良いと言ってるわけではありません。
むしろ読みやすい方が良いと思います。
でも、長年描かれている先生に多いのですが、
どうしても守りのコマ割りをしてしまうと言いますか、
ワンパターンな画面構成になりがちです。

でも一コマ一コマは充実してますし、
キャラクターも精一杯動いてくれてるので、
単調さはほとんど気にならない!はず!!

×ラスト手前の詰め込み感
もうね、ラストの方の無理やり感がもったいなかったです!
途中まで、というか、ほぼ最後まで、
思ったよりも失速せずに連載されてました。
やっぱり主人公の恋が実ったら失速しがちですからね。
そこは全くなかったですよね。
本当にすごいと思いました。
周りのキャラクターに話をふってもブレず、
そのまま完走出来るだろうと思ってました。

なんであーなってしまったんだろう。
大人の事情なのかな(笑)

でも全般的に、とてもおもしろいです!
連載終了後の短編や番外編もさすがの出来です。
だから、惜しかったなぁと思います。

ラブ★コンTWO (マーガレットコミックス)

ラブ★コンTWO (マーガレットコミックス)


実写映画とアニメ化

まだ漫画を実写化することが定番ではなかった頃でした。
でも『のだめカンタービレ』や『花より男子』がブレイクしたので、
それに続けという風潮がありました。

ラブ☆コン』も煽られた漫画のひとつだと思います。

正直、流行ったという印象はありません。
もう数年あとに放映していたら、
また違ったのかもしれないと思います。

けれど漫画家にとって、
アニメ化や実写化のお話は、それだけ評価されているということなので、
とても喜ばしい出来事だと思います。
そういった面では、とっても良かったと思います。

まとめ。

関西弁でテンポよくコミカルで、
ノリが良くておもしろいラブコメが読みたくなったら、ぜひ!の作品。
重いストーリーは全然ないので、
気楽に読めるところもオススメポイントです!

大谷のヘタレイケメンに、癒されてください。

ラブ・コン全17巻 完結セット (マーガレットコミックス)

ラブ・コン全17巻 完結セット (マーガレットコミックス)



ayumpでした!