読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがの。

少女漫画家になりたかった筆者による、お薦めできる漫画のレビューブログ

ストロボ・エッジ(全10巻) 咲坂伊緒先生

みなさまお元気ですか?
お久しぶりayumpです。
意外と閲覧数が伸びてるのでビックリ。(笑) 

ということで、
今回から再びどんどん紹介していきます!
 

本物の王道少女漫画がキタ!

イケメンふたりと、主人公・木下仁菜子によって繰り広げられる、
王道ラブストーリーです。
仁菜子はとにかくフツーの女の子ですので、
共感できるところがたくさんあります!
とりあえず読むとキュンキュンします。
イケメンが学校にふたりもいるなんて。。
 
学校一イケメンの一ノ瀬蓮と、
チャラ男イケメンの安堂拓海。
黒髪と茶髪。
さて、どちらがお好みですか?
f:id:ayump:20160423192508j:image
 

ベテランの咲坂先生

実は、ストロボ・エッジまで
突出して「売れた」漫画を描いていませんでした。
正直言うとですよ。
魅力的なお話はたくさん描かれてたと思いますが、
コレ!という長期連載はありませんでした。
おそらく、ちょっとクセのある絵だったからではないかと思います。
ストロボ・エッジに近づくにつれて、
線が細くなり、見やすい絵になった気がします。
独断と偏見です(笑)

1999年に「サクラ、チル」でデビュー
ストロボ・エッジの連載は2007年
しかも、初めは短期連載でのスタートでした。
実績があるわけではないので、
チャレンジ枠からのスタートのはず。
そこで見事勝ち組になれた咲坂先生。
だって当時本誌で読んだとき、おもしろいと思いましたもん!
こんなうまい新人さんいたっけ?って勘違いしたのはまた別のお話(笑)

 

ストロボ・エッジの魅力&not魅力

○ヒーローの色気が半端ない
特筆すべきポイントはここでしょう!
咲坂先生の素晴らしい点でもあります。
男の子をイケメンかつ色気あるように描けるのは
もう才能ですから。
うらやましい、、(笑)
イケメンの照れた顔とかキュンキュンします!
眼差しがカッコいいんですよ。
本当こんな人が居たらどんなにいいか。
ど ん な に い い か 。
しかもタイプの違うイケメンが出てくるわけで。
こんなこと言われたーい
こんなことされたーい
といった少女漫画の醍醐味がここに詰まってます!!
 
△空気感が独創的

風の吹いてる感じとか
チャレンジのある構図とか
独特なトーンの使い方とか
独学らしい長所が満載で、素敵だと思います。
(おそらく独学だったはず…)
ayumpは好きなんですけど、
肌に合わないって方もいると思います。
髪の描き方とか吹き出しの描き方とか
まだクセが強いと思いますし
(そこが魅力なんですけど)
万人受けする作画ではないかな、と冷静に判断します。

×女の子の外見的魅力不足

わかるんです!普通のコにしたと言うのは!
なんですけど、もう少し魅力的に…
いや仁菜子ちゃんも十分魅力的なんですけど、
華はとくにないです。(笑)
だからイケメン2人が映えるってことなのかなぁ。
ご都合主義感は否めないです。

それをもぶっ飛ぶくらいキュンキュンするんですけどね!

 

映画化について

これにはビックリしました。
なんでって、次の作品「アオハライド」を連載中に公開しましたから。
しかもアオハライドとのW映画化。
続けて映画化も珍しいことながら、
アオハライドストロボ・エッジの順で公開もなかなかない意外性でした。
f:id:ayump:20170129232059j:image

それほど人気のあった漫画だったんだなぁと思います。
あとは大人の事情でしょう(笑)
主演も誰かわからないようなモデルさん(失礼)とかではないので
本気の映画だったことが伺えますね。

 

ストロボ・エッジ DVD 豪華版

ストロボ・エッジ DVD 豪華版

 

 

まとめ。

とりあえず、イケメンに会えるよって感じです(笑)
普通の学校生活の話なので
誰しもが青春を思い出せる作品だと思います。
最近キュンキュンしてないなぁ、という方には
真っ先にオススメの作品です!

さて、どっちとカップルになるべきなのか、討論会でもしますか?(笑)

 

 



 

 

ayumpでした!